要チェック!不動産を探す時にチェックすべき3つのポイント

>

物件と不動産どっちが重要?

なぜ賃料をメインに見てはいけないの?

賃料は収入の3分の1以下が好ましいと言われている中で、賃料や設備だけを見て決める方もいます。確かにその不動産自体が良いところであれば問題無いですし、安い賃料で良いグレードの物件を契約出来れば良いのですが、実際はそうは行きません。
近年では敷金・礼金の支払いがなく、数か月分の家賃だけで入居が出来るシステムもあります。しかしその賃料が提示されている金額と異なっているケースや、様々な手数料が発生し、結局初期費用が高くついてしまう事もあるのです。
また賃料にプラスして管理費などが発生するケースもありますので、気をつけて頂ければと思います。賃料や設備だけを見るのではなく、まずは不動産企業を見る様にしましょう。

実際にあったトラブル

不動産を重視しなかった余り、トラブルに発展してしまったケースを説明していきたいと思います。
ネットで良さそうな物件を見つけ、アポを取ったのは良いですが中々連絡がこない、または説明が簡素だった事が引っかかりましたが「人気物件の為、すぐに取られてしまう。」という言葉を鵜のみにして契約をしてしまったのですが、隣人とのトラブルが止まず管理会社や不動産に相談をしたところ、相手にされなかったとの事。入居者同士で解決する様に促されたので、結局引越しをする事になったのですが陳謝の言葉もなく不快な気持ちになった様です。
ここまでひどくなくとも、不動産をしっかり見極めていない事から、トラブルに発展するケースは少なくありません。


TOPへ戻る