要チェック!不動産を探す時にチェックすべき3つのポイント

>

データだけではわからない不動産の人隣りをチェック

良い不動産は整理整頓がうまい?

不動産契約をする際、必ず担当者から説明を聞かねばなりませんので、必然的に不動産へ行く事になります。宅建保持者が物件契約についての説明、注意事項を説明するのは義務ですので、この説明すらないところはアウトです。
不動産へ訪問する際、事務所の中がどうなっているかチェックしてみましょう。乱雑に書類が積み上げられている、または顧客から見える場所に置かれていませんか?物件契約は多くの個人情報が必要になるので、これらの書類が適当に置かれているのなら注意が必要です。
すっきりと整頓され、清潔な雰囲気がある不動産は個人情報の扱いもしっかりしていると考えられます。大げさかもしれませんが、訪問した際には確認してみると良いですね。

担当者の人隣りを見てみよう

契約をした後はもう終わり、物件取引や契約はそうはいかず少なからず付き合いを続けていく事はほとんどです。その為、物件契約で重要なのは対面対応だといわれているのです。
不動産担当者を対面した時、またはメールや電話、何でも良いのでコンタクトを取る際にどのような対応をしているのかをチェックしてみましょう。問い合わせのレスポンスはどうか?面倒くさそうに対応していないか?こちらの立場になって考えてくれているのか?と様々なポイントが見えてきます。
また文字にするのは難しいですが直観で良いイメージを持てない場合は、自分なりに分析してみるのも良いですね。人隣りというのは契約でとても重要ですし、長く付き合っていくから事しっかりと見極めたいポイントです。


TOPへ戻る